一般家庭も影響を受ける電力自由化

今までは大手電力会社が実質的に市場を独占していた家庭用電力の分野ですが、時の政府が主導する形で、電力自由化が進められました。
大企業向けの法改正とは違い、庶民にも非常に影響が大きい出来事ですので、より電気代を節約したい方は、関連するニュースにアンテナを張っておきましょう。
電力自由化によってユーザーは契約先を自由に選べるようになりました。
その様子はネットのプロバイダ契約と理屈が似ています。
複数の事業者が市場に参入する事で、インフラの費用が下がり、庶民が結果的に大きな利益と選択の自由を得られます。
携帯電話会社や大手流通企業等も、自由化を受けまして市場に挙って参入し始めました。
家庭で利用している携帯電話会社や頻繁に利用するコンビニやスーパー、ホームセンター等が、電力自由化によって販売元になっている可能性もあります。
携帯電話プランと電力契約がセットで買えるお得な契約がありますから、普段からスマートフォンと電気代の維持費に悩んでいる方は、今現在の契約を見直し、携帯電話会社のセットプランに再契約した方が良いでしょう。
またコンビニやスーパー等の大手流通企業の販売プランと契約すれば、月々の利用料金によって、お買い物で使えるポイントが還元される等、主婦には嬉しいメリットが得られますので、自由化によって乗り換える利点が出て来ました。
電力自由化とは|仕組みやメリットなど電力業界情報