専門学校の中でもCPAがおすすめな理由

公認会計士は、資格試験の中でも、トップクラスの難易度を誇る国家資格になります。
その難易度は、弁護士や医師と同レベルともいわれており、日本国内における三大難関資格のひとつに数えられるほどです。
非常に難易度の高い資格なのですが、コストパフォーマンスを考えると、非常に優れている資格となっています。
資格を取得した後の業務内容、お給料、安定性、独立した後の成功確率など、すべてにおいて、一般的な職業よりも優れていると言われています。

非常に難易度の高い資格となっている公認会計士は、独学で受験するというだけでなく、専門学校や予備校に通うという方法もあります。
試験のノウハウや受験生への教え方など、独学で勉強するよりも、効率的に勉強をすることができます。
現に一般受検の場合には、10パーセント程度の合格率なのに対し、CPAという専門学校では、37.1パーセントの合格率となっています。

CPAは、老舗の公認会計士専門学校です。
これまで何人もの合格者を出し続けています。
通信や通学などライフスタイルに合わせて受講することができますので、効率よく試験勉強をすることができます。
講義や教材なども、最新の情報がしっかりと反映されているのはもちろんのこと、非常に分かりやすくなっていて、頭に入りやすくなっています。

公認会計士試験の合格実績で選ぶならCPA会計学院!